一つのバランス

焼き魚のの和食

腸の中には、善玉菌と悪玉菌があります。善玉菌とは、便を取って機能を分離して、その個々の働きを見て良い事をしているのが善玉菌になります。一方で悪い働きをしているのが悪玉菌とされています。またどっちつかずで強い方につくのが日和見菌とよばれるものもあります。実際は細菌は個々の仕事をしているのではなく、全体で一つのバランスを取りながら行っています。 悪玉菌がいないと、善玉菌は働きません。悪玉菌が多すぎると悪い影響を与えます。腸内環境を整えるに大事になるのがこのバランスになります。コロニーと呼ばれる物質を作っていて、これが機能ごとに集団を作る事で、腸内の細菌が栄養素や酵素を作ります。なので腸内環境を整えるためには、腸内細菌が居ないと生きて行けないので、ビタミンを合成したり、アミノ酸を作るという善玉菌や悪玉菌のバランスを保つ食事などを工夫して補う事により腸内環境を整える事になります。

腸内環境を整えるためには善玉菌や悪玉菌のバランスが非常に重要になります。この菌のバランスがくずれる物質には、化学物質や添加剤や保存料などがあります。保存料や食品添加物などが腸の中に入ってくると、腸内細菌が弱ってきます。腸内細菌が減ると十分にアミノ酸やビタミンが合成する事が出来なくなります。 人間の身体の中には、1日に3000個から4000個のガン細胞が出ています。これをやっつけるのは、一つは免疫になります。この免疫には免疫反応として、Th-1とTh-2という二種類の機構で成り立っています。また保存料等が体に入ると活性酸素が発生します。活性酸素は細胞をサビさせるもので、細胞が老化、癌化または変性の原因になります。現在では腸内環境を整える為に、このような事を考えた対策がとられるようになった事で健康な体を維持する事が出来るようになって来ています。